辺山八景

辺山八景は辺山にある八ヶ所の代表的な絶景をいい、扶安地方の民謡に採録されたものです。辺山はどこに行っても山は山のとおり、海は海のとおり、優れた景観と神秘な姿があり、その中でも8ヶ所の秀麗な絶景のことを祖先が辺山八景といいました。

熊淵釣台

チュルポから始まり、コムソの沖合を通る西海の美しい情景を言ったもので、西海沖合で繰り広げられる漁船の行進と漁船で灯す夜燈が水に映る壮観、江村の漁夫が釣り竿を持って歌う景色を第1頃に数えられます。

直沼滝

内辺山の最も中心地にある直沼滝は辺山景色の圧巻であるため、「直沼滝とチュンゲ渓谷の仙境を見ずには辺山を言うべからず」と言う諺があるほどです。

蘇寺暮鐘

柯仁峰を背景にして一抱えの木々が立ちこんでいる来蘇寺の景色とよく調和し、コムソ湾の青い海の情景と、闇をかきわけて仄かに響く夕方の鐘の音の神秘な情景を第3景に数えられます。

月明霧靄

月明岩の法堂前の庭先に浮び上がる明るい月を眺める景色も格別ですが、日の出とともに起きると、ヤマドリたちの歌声とともに峰々に立ちこめる霧と雲が踊っているような秘境の中に、所々にそびえたつ峰の姿は一枚の山水画のようです。

西海落照

西海岸ではどこからでも落潮を鑑賞することができますが、特に眺望のすぐれた月明岩のそばの落照台では古群山列島の点々と並ぶ島々と、蝟島の島々を前に、最後の情熱を燃やすように海を赤く染めて静かに影を隠す夕陽の壮観を見ることができますが、この落潮はここにこなければその真髄を味わうことができないでしょう。

彩石帆舟

億万年の歳月の波に身を任せた岩は削られ、洗われて絶壁をなし、絶壁はまた削られて洞穴を作るので、大自然の神秘と秘密をおさめた彩石江と、ここをのんびりと浮かんでいる漁船の光景は実に感嘆を起こさせます。

止浦神景

辺山面の知西里はその昔、止止浦と呼ばれましたが、ここから双仙峰に向かって多少急な尾根を登って山腹に到ると、涼しい海風が足を止めさせ、数多くの峰の間には西海の景色が絵のように広がり、まるで山の神仙になって、別世界にいるような気分にさせます。

開岩古跡

開岩寺は辺山の4大名寺の一つです。その昔、国を奪われた百済の遊軍たちがここに陣をとり、百済の復興運動を展開した本拠でもあって、開岩寺の後方のウルグム岩の威容と周留城の名残りは床しい歴史の香りを漂わせています。